• ホーム
  • 初めての方へ
  • 肥料の選び方
  • 植物の育て方
  • 土・肥料の豆知識
  • よくあるご質問

肥料の選び方

肥料を選ぶ時にまずチェックすること

肥料を選ぶ際には、必ず「保証票」というものが容器に記載されているものを選びましょう

意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、肥料には、「肥料取締法」という法律があります。
肥料はこの法律に基づいて販売されているので、「保証票」の無い肥料は正規の商品ではありません。
法律違反となりますので注意が必要です。

また、保証票に「生産業者」「輸入業者」 又は「販売業者」などの記載の無い物は”法律違反”です。
意外に記載の無いものも多いので、確認の上購入する方が良いでしょう。

肥料の種類で選ぶ

「化学肥料「有機肥料」

肥料には、大きく分けて『化学肥料』と『有機肥料』があります。

化学肥料とは・・・

化学肥料.jpg

化学的に合成された肥料、もしくは無機物から成る肥料のことを指します。
臭いがほとんど無く、扱いがとても楽なのが特徴です。効き目も形状もさまざまで、植物別の専用肥料もあります。
しかし、無機物ですので、こればかりを使用していると土質が悪化することもあります。
ですので、有機質肥料と併用することをお奨めします。
各成分の含有量は一定ではありませんが、3要素が同量含まれるものが使用上は便利です。

→3要素について詳しくはこちら

有機肥料とは・・・

堆肥.jpg

動植物を原料とした肥料で、油粕・魚粕・牛糞などのことを指します。
効果はすぐにはあらわれず、ゆっくりと効き始めます。その効果が長期間持続しますので元肥として施すのに向いています。
有機物であることから、土壌中の有用バクテリアの繁殖を助けますので、土質の改善をしたいときにも役立ちます。
悪臭がしたり、虫が発生することもありますが、最近では悪臭のない無臭肥料が登場しています。
トマトやナスのような収穫期間の長い野菜に有効です。

 

肥料の与え方

植物は種類によっても、苗か成木か、あるいは鉢植えか地植えかによっても肥料の与え方は異なります。
肥料は、与え方や目的によって次のような名前がつけられています。

元肥

植物を植える前に、あらかじめ土に施す肥料です。
緩効性肥料を使うと便利で効果的です。

追肥

植物を植えた後、成長期間中に応じて施す肥料です。
速効性肥料と緩効性肥料とを組み合わせで与えると効果的です。

 お礼肥

花木の開花後、野菜・果実の収穫後に弱った植物の回復を図るために施します。
速効性のものが最適です。

肥料の効き方によって選ぶ

緩効性肥料

主に固形タイプの肥料で、水に溶けにくい成分でできています。
与えたときからゆっくりと効き始め、通常2~3か月、長いものは1~2年ゆっくりと効きめが続く、
長期間効果が持続する肥料です。
元肥、追肥のいずれにも使います。

速効性肥料

主に液体タイプの肥料で、水に溶けやすい成分でできています。
吸収されて効きめが現れますが長続きはしません。
その時だけ作用するので、定期的に何度か与える必要があります。追肥やお礼肥などに使います。

目的によって選ぶ

目的によって選ぶ.jpg

この様に肥料の種類は、与え方・効き方・成分の種類によって様々な用途で使い分けができます。
鉢植え用か、花壇・菜園用か、大きく生長させたいのか、花芽・実・球根などを充実させたいのかなど、目的によって肥料を選びましょう。

「家庭菜園でスイカに挑戦してみたいんだけど、どんな肥料がいいの?」と思いのガーデニングが趣味の方や、「今年の収穫は、納得のいくものができなかったので肥料を見直したい」と悩みをお持ちの専業農家の方は、ぜひご相談ください。
鉢植え用か、花壇・菜園用か、大きく成長させたいのか、花芽・実・球根などを充実させたいのかなど、目的によって肥料を選びましょう。

 

トップへ戻る