• ホーム
  • 初めての方へ
  • 肥料の選び方
  • 植物の育て方
  • 土・肥料の豆知識
  • よくあるご質問

よくあるご質問

野菜つくりに適した土を教えてください

ミミズ.jpg

野菜は、土に根を張り土から養分や水分、酸素までも取り込んで成長していきます。
つまり、野菜や植物は葉だけで呼吸するのではなく、土中の酸素も根から取り込んで、取り込んだ酸素を体内で有機物と燃焼させて炭酸ガスを出す―呼吸を行っています。
その際に発したエネルギーで土中の水と養分を取り込み、吸収します。

その仕組みをより効率良く、効果的に行うためには、土の状態、土作りが非常に重要なポイントになってくるのです。

よく「ミミズがいる土は良い土」と耳にした事があると思いますが、それはミミズがいると、固くなった土に空洞を作り、通気性が良くなりフカフカとした土になるからです。
これはミミズをはじめ微生物が多く、土を活性化し、植物にとっても「良い土」であることの証です。

このように植物の根が活発に活動できる、植物が育ちやすい土の条件は、水はけ・通気性・水もちが良いことが重要です。

土を見分けるポイント

1.水はけが良い事

鉢植え植物に水やりをした時、水は表面に溜まらずに抜けていきますが、問題は鉢底部分に溜まっていないかということです。
排水性の悪い土は、本来ならば空気のあるべき場所に水が溜まるため、根が呼吸阻害を起こして、花着きが悪く、根腐れを起こしやすくなります。

 2.通気性が良い事

根が成長するためには酸素(空気)が必要です。水やりをすると、水は下の方に移動していきます。
移動した後に空気が入って根に供給されます。水が溜まらない土は通気性がよい土で根が張ります。
通気性が悪いと、水はけが悪い土同様に、根が呼吸阻害を起こして、花着きが悪く、根腐れを起こしやすくなります。

 3.水もちが良い事

植物が成長するためには水や肥料が必要であり、これらは主に根から吸収されています。
毎日必要な分だけ養分を与えることは難しいですが、代わりに土が水や養分を一時的に蓄え、必要に応じて植物に供給することになります。
また、与えた肥料が水やりや雨ですぐに流れず、土の中にしっかりと保てることが大事です。

4.有機物を含んでいる事

有機質肥料のことではなく、有機物(堆肥、腐葉土)を含んでいる土の事です。
有機物自体は肥料成分としての働きは期待できませんが、養分や水分を蓄える、緩衝機能を高める、微生物の活動を盛んにするなど、植物にとって様々な有益な作用があります。

5.清潔な土である事

病原菌、害虫や雑草の種子などが混ざった土は、生育に悪影響を与えるため、異物や病害虫を含まない清潔な土が望ましいです。
また、土の中に釘やガラスなどの破片などが入っていれば作業中にケガをすることもあります。

6.土に適度な重さがある事

土の重さは土の土台になります。植物を安定させるのには、適度な重さが必要であまり軽い土は、水やりや雨で植物の株が動き、根が張らずに背の高い植物は安定しません。

7.酸度が偏っていない

酸性が強すぎると、特定の養分が吸収しにくくなり、根や株が弱りやすく養分の吸収率が悪くなります。

 

どんな土を選んだいいのでしょうか?

どんな土を選んだらいいのか.jpg

植物が育ちやすい土の条件は、水はけ・通気性・水もちが良いことが重要です。
排水性の悪い土は、鉢植えの底に水が溜る事で、根を腐らせてしまいます。
通気性も同様で、水やりをすると水は下の方に移動していきますが、その通り道に空気が通らず根が呼吸阻害を起こして、根腐れを起こしやすくします。

水や肥料の栄養は根から吸収します。
毎日必要な分だけ養分を与えることは難しいですが、水もちがよいと土の中にしっかりと保つ事ができるようになります。
 

 

土の役割を教えてください。

食物作りにおいて土はとても重要な存在です。
食物は、土に根を張り、土から養分や水分、酸素までも取り込んで成長していきます。
つまり、野菜や植物は葉だけで呼吸するのではなく、土中の酸素も根から取り込んで、取り込んだ酸素を体内で有機物と燃焼させて炭酸ガスを出す―呼吸を行っています。

その際に発したエネルギーで土中の水と養分を取り込み、吸収します。
その仕組みをより効率良く、効果的に行うためには、土の状態、土作りが非常に重要なポイントになってくるのです。

肥料はどんな働きをしますか?

野菜や植物が育つには、土と水だけでなく栄養分が必要となります。その必要な栄養分が不足すると、成長が悪くなります。
肥料は野菜や植物が、健康に成長するために与えるもので、野菜の種類によってあたえる肥料も変わってきますので目的にあった使い分けが大切です。
その他にも、土を柔らかくしたり、酸性度の調整をするための役割も果たしています。

自然界では与える必要のない肥料を、庭や畑では与えるのはなぜ?

食物連鎖.jpg

人が成長するにあたって、食べると言う行為は必要不可欠です。

お米や野菜などから栄養分を取って成長するように、植物も地中に伸びた根から栄養分を吸収して成長していきます。
自然界では、動物や昆虫のフンや死骸、また落ち葉などが腐って植物の栄養分としていきます。

それによって成長した植物が、再び動物や昆虫のエサになるという循環がおこなわれています。

庭や畑の植物.jpg

それでは、室内や庭の植物、畑ではどうでしょうか?

野生の植物は、わずかな栄養分でも育ちますが、プランターのような限られた土の中や、手入れのされて観る為の庭では自然との循環が断ち切られ、植物が育つための栄養分が不足してしまいます。
大きな花や実を付けるように改良された園芸品種は多量の栄養分が必要で、不足すると生長不良になり、花や実も貧弱になります。

これを補うために、与えるものが肥料です。

 

肥料の形が違うのはなぜ?

なぜ、肥料の形は違うのか?
それは、肥料効果の早さの調節と使い勝手を考え、色々な形状に加工されているからなのです。

肥料には、色々な形があります。
液体の肥料や丸い粒状の肥料、円筒形の固型(ペレット)肥料や粉状の肥料、どれも全て肥料成分の含んだ肥料です。
肥料の形状によって、早く効いたり遅く効いたりします。
液体は、最も早く効果を発揮する肥料です。
次に粉状が早く効果を発揮し、その次に粒状やブリケット、ペレットタイプの肥料が効果を発揮します。
形によって、多少肥料の効果が早かったり遅かったりします。

トップへ戻る