ホーム>土・肥料の豆知識>肥料に大切な3要素NPKとは
  • ホーム
  • 初めての方へ
  • 肥料の選び方
  • 植物の育て方
  • 土・肥料の豆知識
  • よくあるご質問
土・肥料の豆知識

肥料に大切な3要素NPKとは

肥料のNPK.jpg

植物が成長に欠かせない要素に、窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)の3つがあります。
これらは肥料の3要素と呼ばれており、葉や茎を丈夫にしたり、収穫量の増加など重要な働きをします。
植物が一度に吸収できる量は限られています。
人間の体に例えてもバランスよくそれぞれ栄養を摂取することで体が成長しますので、与え過ぎには注意してください。
NPK各成分には、それぞれの効果があります。  

N(窒素)

「葉肥」と言われており、主に植物を大きく成長させる事に、必要不可欠な栄養素です。
窒素が不足すると、作物は生育不良となり、葉は淡緑色になって元気がなくなりますの、で植物が生育している間、どの時期でも必要です。窒素肥料ばかり与えていると、栄養生長(体が大きくなる)ばかりになり、花や実が付きにくくなってしまいます。
なので、花や実をつけるような時期には量を減らしましょう。
 

 P(リン酸)

「実肥」や「花肥」と言われ、植物の花や果実の成長と収穫量を助け、主に生殖成長を促す栄養素です。
リン酸は土壌や大気にも存在していますが、植物にとっては比較的吸収しにくい肥料なので、生育初期の元肥時期に施肥する必要があります。また、光合成や細胞分裂にも影響するため、不足すると成長が止まってしまうこともあります。

 K(カリウム)

「根肥」と言われ、植物の根や植物全体の組織形成に作用に大きな役割を果たします。
カリウムは土壌や大気には殆ど存在しない元素ですので、カリウムを含む肥料を施肥する必要があります。
リン酸同様に、組織を丈夫にしてくれますので、 耐病虫害性、耐寒・耐暑性にも効果があり、品質の向上にも役立つ肥料です。

高度化成肥料.jpg

窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)の3つを含んだ肥料を複合肥料と呼び、窒素・リン酸・カリウムのNーPーKのように記載されています。
例えば9-9-9はそれぞれが9%ずつ含まれていることを意味し、合計が30%以上のものは「高度化成肥料」と呼ばれます。
3成分が均等に含まれていて元肥として使いやすい水平型と呼ばれるものや、マメ科の作物に向いている窒素の少ない上がり平型など、使う用途によって割合が変わってきます。
またリン酸成分の多い高冷地向きのタイプもあります。

他に、「微量要素」という栄養素もあります。
これは、植物にとっては微量あれば十分な肥料成分の事です。人で言うと「ビタミン」のようなものです。
微量要素は、欠乏すると「要素欠乏症」を引き起こすので、植物にとっては必要な栄養素です。

トップへ戻る